キャッシング即日:キャッシングが利用できる年収とは

どのキャッシング業者でも「安定した収入がある」ということを融資の条件にしています。 ですが、具体的にどれくらいの年収があれば融資を受けられるのか疑問ですよね。

自分はあまり収入が多くないからキャッシングを申し込んでも審査を通過できないのではないかと感じている人もいるかもしれません。

ですが、キャッシング業者が重視しているのはいくらの年収があるか?ということではなく、年収に見合った借り入れ希望額、返済プランであるか?ということです。

例えば、年収100万円の人が100万円の融資を申し込んでも断られる可能性が高いですが、10万円の融資希望であれば受けてもらえるでしょう。

年収に不安があるということならば、少ない借入額で申し込みをするといいですね。 注意しなければならないこととして、キャッシング業者の審査では他社の借入額もチェックされます。

仮に年収100万円の人が10万円の融資を希望した場合、既に他社から30万円の借り入れがあるということであれば審査には通りにくくなってしまうでしょう。

これは嘘をついて他社からの借入額や借入件数を誤魔化したとしても審査の際にバレてしまいます。 嘘をついてしまうと信用を失うだけなので、正しい情報で申し込みをすることが重要です。

自分が申し込んだ場合、審査に通るかどうかというのは実際に申し込みをしてみなければわかりません。 仮に審査に通らなかったとしても費用がかかってしまうようなことはないので、まずは申し込みをしてみてはどうでしょうか。

いくらの借入額を希望するか悩んでしまう人もいるかもしれません。 その場合は、年収の3分の1以下を基本としましょう。

総量規制という法律により年収の3分の1以下までしか借り入れができないと定められているため、それ以上の融資を希望したとしても通らないからです。

キャッシング業者によっても審査の難易度は変わってくるので、収入に不安がある方は審査が優しいところを選ぶといいですね。

キャッシングの返済が滞るとどうなる?

キャッシングを利用した際には、毎月スムーズに返済をして完済できるのが理想です。

しかし、人生は何があるかわからないので、突然会社を解雇されてしまったり、怪我をしてしばらく働けなくなってしまうことがあるかもしれません。

また、中には複数のキャッシング業者から借り入れをしてしまい、首が回らない状態になってしまったという人もいます。 キャッシングをしようと思っているのであれば、仮に延滞してしまった場合はどうなるのかについても理解しておきましょう。

まず、決められた期日に返済ができなかった場合、遅延損害金という罰金が発生することになります。

多くの業者は遅延損害金利率を20%に設定しているのですが、具体的にいくらの遅延損害金が発生するかというのは計算すれば算出が可能です。

例えば、50万円の借り入れをしていて返済が10日間滞ってしまったとしましょう。 この場合、50万円×20%÷365日×10日間=2,739円ということになります。

仮に30日間滞納したとすると8,219円もの遅延損害金が発生することになるので、1日でも早く返済できるようにしましょう。

また、延滞をした場合のペナルティは遅延損害金だけではありません。 大きな延滞をしたり、何度も延滞を繰り返してしまった場合には借入限度額が減ってしまうこともあります。

それから、信用情報に延滞をしたという記録が残ります。 これは信用情報機関というところがまとめている記録のことなのですが、この情報は各貸金業者が審査をする際に活用する情報です。

つまり、どこかの貸金業者で延滞をしてしまうと、他の貸金業者に融資を申し込んだ際に延滞していた記録がバレてしまい、審査が不利になってしまうということなので注意しましょう。

よく言う「ブラックリストに登録される」とはこの信用情報機関に延滞などに関するデータが記録されてしまったことを言います。

返済が遅れてしまう場合は業者に連絡をして相談をすることになりますが、返済の目処が全く立たないということであれば債務整理という法律による借金整理の方法を検討しなければならない場合もあるでしょう。

周りに内緒でキャッシングするには

キャッシングを検討しているけれど迷っているという人の中には、周りに知られたくないと考えている人が多いようです。 そこで、誰にもバレずにキャッシングをする方法についてご紹介します。

そもそも、なぜキャッシングを利用したことが周りにバレてしまうのかというと、本人確認や在籍確認の電話が原因になる他、キャッシング業者からの郵送物を見られてしまったというケースが多いようです。

つまり、この2点さえなんとかできれば家族などにバレることなくキャッシングができます。

申し込み方法についてですが、自分が個人で使っているパソコン、または携帯電話からインターネットを通して申し込みするのがおすすめです。

家族で共用しているパソコンから申し込みをすると履歴でバレてしまう可能性があるので、履歴を消しておくことを忘れないようにしましょう。

インターネットを使った申し込みは24時間対応している業者が多いので、自分にとって都合の良いタイミングで申し込みができます。

次に本人確認の連絡先についてですが、自宅の電話番号を登録してしまうと自分が出られなかった時に家族が出てしまう可能性があります。

こういったことを避けるためにも連絡先には自分の携帯電話番号を登録しておきましょう。 郵送物に関することですが、申し込みが完了したらカードを自宅まで郵送してくる業者がほとんどです。

これでバレてしまうこともあるのですが、自動契約機でカードなどを受け取るようにすれば、自宅に届いてしまうことはありません。

業者によってはコンビニで受け取り可能なサービスを取り入れているところもあるので、そういった業者を選ぶのもいいですね。

ただ、カードは自宅以外で受け取ることができたとしても、毎月届く利用明細書を見られてしまい、バレてしまうこともあります。

インターネット上で明細を確認すると自宅へは郵送されない業者が増えているので、そのようなサービスがあるか確認しましょう。

最後に返済が滞ってしまうと催促の電話がかかってきたり書類が届く場合もあるため、毎月の返済日はきっちり守ることも重要です。

このページの先頭へ